家・住まい

「注文住宅」と「建売住宅」の違いは?それぞれのメリット・デメリットから購入検討を

2019年10月21日

新築一戸建てを持つ、人生において大きなイベントの1つです。
ほとんどの人が一生に一度の買い物になるでしょうから、入念な準備や打ち合わせが必須。

一戸建ての購入は、大きく分けて「注文住宅」と「建売住宅」があります。
これらの概要を知り、どちらが自分のマイホーム計画にあっているかを検討しましょう。

スポンサードリンク



新築物件2大候補「注文住宅」と「建売住宅」

新築の一戸建てを買う際、大きく分けて2パターンが考えられます。

1つは、ゼロからどんな家を建てるかを考える「注文住宅」。
もう1つは、すでに建っている新築物件「建売住宅」を買うパターンです。

注文住宅の特徴や注意点

・理想の家に近いものを建てられる
・プランによっては半注文住宅のようなケースも
・費用がかさみがち

注文住宅は、土地をすでに取得している場合や、自分の思う間取りで家を建てたいときに選ぶのが一般的。

メリットとしては自由度が高いので、こだわった家を建てたい人なら迷わずこちらとなるでしょう。

デメリットは価格の予想がつきにくい点。

すでに建っている建売と違い、実際に設計してみないとわからない費用があったり、後でこうしたいという希望が出て追加料金……といったケースも考えられますね。

住宅メーカーによっては大まかな間取りが決まっていて、その範囲内で仕様変更を行いコストをおさえる、といったプランもありますよ。

会社にもよるとは思いますが、仕切りを無くしたり部屋数を増やすなど、細かい点の相談も可能です。

建売住宅の特徴や注意点

・土地もまとめて購入できる
・費用がわかりやすい
・仕様変更がきかない

すでに家が建っている建売住宅。
土地も一緒に付属し、まとめて購入が可能となります。

出来上がっているので注文住宅よりも価格がわかりやすく、予算がたてやすいのがメリット。

デメリットは、間取りやデザインの変更がきかないという点ですね。
未完成の建売物件もあるのですが、その場合でも設計を変更することはできないようなので、自分の希望を出すのは無理となります。

その他のケースは?

あらかじめ用意されている間取りや仕様から、建築様式を選ぶケースもあります。
部屋数や広さは決まっているため、注文住宅ほどの自由さはありません。

一方、建つ前に内容を選べるので、どこに建てるかはある程度フリーに決められるでしょう。

参考サイト:徹底比較「注文」VS「建売」 | 住まいのお役立ち記事

スポンサードリンク



一戸建ての予算は?

住宅・不動産の情報サイト「SUUMO」によると、2016年度に建てられた注文住宅の平均建築費は全国で約3,308万円とのこと。
首都圏はもっと高くなり約3,593万円、その他の地域では3,106万円だそうです。

参考:注文住宅 1000・2000・3000・4000万円台の家の違いは? 一級建築士が解説! | 住まいのお役立ち記事

建物だけで3,000万円……と聞くと、かなりの金額に感じますね。
個人的にですが、色々な住宅メーカーを回ったところ2,000万円台でも十分な家が建ちそうという印象を受けました。

最近は1,000万円以下からという、ローコスト住宅を売りにしているメーカーも多くなっていますよね。
夫婦2人なら平屋を低価格で、というのもあり。
地震の時も2階部分が崩落する恐れがないですし、掃除の手間も減りそうです。

注文住宅と建売住宅、予算も考慮して選択を

コストはかさみがちですが、自分たちの理想を追求できる注文住宅。
決まった仕様から選ぶ必要があるものの、費用面ではわかりやすい建売住宅。

いずれもメリットとデメリットがあり、どちらが良いかは購入者の視点次第です。
自分が目指すマイホームを想像し、納得できる選択をしてくださいね。

スポンサードリンク



-家・住まい

© 2021 writer life Powered by AFFINGER5