夫婦 家・住まい

夫婦におすすめのベッドサイズは?2人で眠るのに必要なサイズとベッドの選び方

寝室が一緒の夫婦が知りたい、最適な「ベッドのサイズ」。
2人で寝るのに不自由のないベッドのサイズや選び方を知り、睡眠の質を向上させましょう。

スポンサードリンク



夫婦2人で眠るのに最適なベッドサイズは?

大人2人が眠るのに必要と考えられるベッドサイズを調査しました。
今使っているベッドは十分か、購入を考えているベッドはサイズを満たしているか、今すぐチェック!



最低でもダブルが必要、クイーンなら理想的

日本の成人男性の平均的な肩幅が約45cm、女性は約40cmとされます。
寝返りをうつために必要なスペースがおよそ40cmとされるため、それぞれの肩幅にプラスすると1人あたり80〜85cmの広さは欲しいところ。

ダブルベッドの一般的な横幅が約140cmなので、数値的には少し足りない印象です。
2人で寝れないことはないけれど、寝相によっては多少窮屈な思いをするかもしれませんね。

余裕を持って2人一緒に眠るためには、ダブルの1サイズ上となるクイーンが理想的でしょう。
横幅が約160cmまで広がるので、日本人の体格と照らし合わせると丁度良いサイズ感と言えます。



シングルやセミダブルを2つ並べてもOK

ダブルやクイーンで好みのベッドが見つからない場合は、シングルやセミダブルベッドを2つ並べる、という手もあります。

シングルの一般的な横幅が約90〜100cm、セミダブルが120cmほど。
いずれも2つ並べることで、クイーン以上の広さを確保できるのです。

ある程度寝室の広さ、間取りに余裕があれば、候補に入るベッドスタイルでしょう。

凸凹が気になる夫婦は連結可能なベッドを使う

シングルやセミダブルベッドを並べて使うと、隙間が気になって逆に眠れない。
広さは十分なものの、2つ並べるとこうしたデメリットも生じます。

そこで選択肢に入るのが、連結を前提としているタイプのベッドを選ぶ、というもの。
ピタリと連結したときに凸凹ができにくいよう作られているため、並べた際のデメリットを最小限におさえてくれます。

サイズと寝心地、どちらも譲れない夫婦におすすめのベッド候補ですね。

スポンサードリンク



夫婦で使うベッドの選び方

夫婦に必要なサイズのベッドが把握できたところで、その選び方を見ておきましょう。
自分たちはどの視点から選ぶのが良いのか、夫婦ごとに異なるはずです。

体型から選ぶ

ベッドのサイズを体の大きさ基準で選べば、「思ったより小さかった」なんて失敗予防に繋がります。
恰幅の良いパートナーがいる場合、やはり余裕を持ったサイズ選びがポイントに。
クイーンより大きなサイズとなると、約180cm〜200cm以上の商品もあるキングサイズのベッドが視野に入るでしょう。

寝相から選ぶ

パートナーや自分の寝相からベッドのサイズを考えるのも、方法の1つ。
人よりアクティブな寝相なら、体格基準のものよりもやや幅広なベッドだと安心できますね。
寝相は夫婦だからこそわかる、指摘しあえる部分なので、正直に話し合ってみるのが良いでしょう。

ほとんど動かないのであれば、必要以上のサイズを選ぶと場所を取ってしまう恐れが。
その場合は一般的な寝返りの範囲でサイズを考慮することで、お部屋のスペースを無駄にせずに済むかもしれません。



寝心地やデザインから選ぶ

ベッドはサイズこそ大事ですが、同じくらい寝心地、使用感も重要です。
固すぎる、柔らかすぎる、起きたときに体が痛い……。
いくらサイズがぴったりでも、こんなベッドでは毎日落ち着いて眠れないですよね。
サイズと同レベルに重視し、2人が心地よく過ごせる商品を追求してみましょう。

おしゃれにこだわる夫婦なら、デザイン性も大切なポイント。
色や形まで納得のいくベッドに出会えれば、満足感が急上昇しそうです。



基準のベッドサイズから夫婦に最適なものを選ぼう

一般的な体格やベッドサイズは、あくまで指標となるもの。
実際には夫婦それぞれの体型、寝相を考慮するほか、商品ごとのサイズの違いにも目を向けて選択しましょう。
自分たちにはどの大きさ・タイプのベッドが合うのか。
2人でじっくり話し合い、理想の寝具を手に入れて下さいね。

スポンサードリンク



-夫婦, 家・住まい
-,

© 2022 writer life Powered by AFFINGER5