夫婦

夫婦喧嘩に疲れたら。考え方を変えて夫婦関係を修復に導く具体策

したくないと思っていても、発生してしまう夫婦喧嘩。
度重なる夫婦喧嘩に、もう疲れてしまった……そう思っている方もいるでしょう。

だけど、離婚はしたくない。
この記事に目を通している人は、そんな複雑な想いを抱いているのでは。
疲労を増やす夫婦喧嘩にピリオドをうち、関係構築を目指しませんか?

スポンサードリンク



夫婦喧嘩に疲れたら。喧嘩をしないための思考転換

喧嘩は1回でも疲れるのに、それが何度も繰り返し起きれば、疲労度が増すのは当然です。
同じことの繰り返しを止めるためには、思考の転換がポイントに。

もしかしたら、凝り固まった考え方が夫婦喧嘩の一因になっているのかもしれません。

言わなくてもわかって、をやめる

妻なんだから、夫なんだから、夫婦なんだから“言わなくてもわかる”。
その考えを前提に生活すると、些細なことでも衝突してしまう恐れが。

もとより、“言わなくてもわかる”ことなんて、ほとんどないのです。
人によっては、言ってもわかってくれないケースだってあるのですから。

小さなことでも、適切な言葉と態度で伝える。
夫婦喧嘩を起こさないためには、大事なことだと思います。

過剰な期待はしない

言っても直らない、何度も同じ失敗を繰り返されて疲れる。
意思疎通を行っても、うまくいかない時もありますよね。

このケースで疲れてしまうのは、「やって当たり前」「わかって当然」という気持ちがあるからかも?

相手に期待しすぎず、自分ができるところは黙々とやってみましょう。
その行動が、相手の気持ちを切り替えさせるきっかけになるかもしれません。

相手を変えようとしても、それは困難。
自分が変われば、周りにも影響を与えることができるでしょう。

譲り合い、擦り合わせをする

あなたの方が間違っている、こっちの考えが正解に決まっている!
誰しもそう思いたいですが、考え方や価値観は人それぞれ違うのが自然です。

それを押し付けたり、強制しようとすれば、夫婦喧嘩は燃え上がる一方。
譲れる部分は譲り、気持ちや考えの擦り合わせを行うのも大切ではないでしょうか。

喧嘩の内容が似たようなものばかりであれば、原因について擦り合わせを行ってみては。
自分の意見を言うとともに、相手の意見にも耳を傾けてみてください。

1人で没頭できる趣味をもつ

夫婦喧嘩で怒り心頭になったときは、他のことで気を紛らわすのも一手です。
1人でも有意義に過ごせるような、時間の使い方を見つけておきましょう。

映画や読書、音楽鑑賞、買い物にゲームなど。
パートナーとは関係のない趣味趣向であれば、一旦は喧嘩を忘れて楽しむことができます。

適度にストレス発散を行うのは、夫婦仲を良好に保つのに必要なこと。
依存しすぎない関係性を維持するのにも、相手とは無関係の趣味があると安心できます。

些細なことに感謝する

ちょっとしたことであっても、「ありがとう」と言われると嬉しいですよね。
夫婦喧嘩が多くなっているときは、お互いに感謝することが減っているサインなのかも。

やって当然と思っていると、感謝の念も沸きません。
期待値が高過ぎれば、やってくれたことよりも「これだけ?」という残念感を抱きがち。
いずれも上述した“過剰な期待をしない”という点に繋がります。

その考えを払拭すれば、してくれたことに対して自然と感謝をしたくなるはず。
「これくらい」と思っていても口には出さず、「ありがとう」の言葉を伝えるようにしましょう。

夫婦喧嘩が起きた時のルールを作っておく

起きないように気をつけていても、些細なことで起きてしまうのが夫婦喧嘩です。
では先に、喧嘩してしまったときのルールを決めておきましょう。

お互いにスイーツを買ってくるのが仲直りのサイン。
握手をしたらもう喧嘩はおしまい、など。

ルールを決めておけば、出口の見えない夫婦喧嘩に終止符をうてます。
一度決めたルールは、互いにきちんと守ることが大切です。

スポンサードリンク



それでも夫婦喧嘩が起きてしまったら?

喧嘩が全くない、という夫婦の方が珍しいのではないでしょうか。
長い時間を一緒に過ごしていれば、どうしても喧嘩することだってあります。

疲れるから極力したくない、だけど起きてしまう夫婦喧嘩。
万が一起きてしまったら、基本的な対処で乗り切りましょう。

冷静に話し合う

感情にまかせて言い合うと、不用意に相手を傷つける言葉が出ることも。
本心ではないにしろ、言われた方のダメージは深刻です。

夫婦喧嘩がヒートアップしそうなら、一旦距離をとって落ち着きましょう
冷静になれば、意外と大したことのない問題だと気づくこともあります。

まずは冷静になり、余計なことを言ったり物に当たったりしない。
ただし、一方的に無視することも、相手をイライラさせるだけなので避けましょう。

「落ち着きたいから後で話し合おう」などの一言があるのが理想です。

文字で気持ちを伝える

言葉ではなかなかうまく伝えられない。
そんな夫婦の場合は、LINEやメール、手紙といった手段がありますよ。

文章を考えることで、何を伝えたいのかを整理整頓できます。
“本当に言いたいこと”と“余計な言葉”の選別が冷静に行え、意思疎通がスムーズに。

夫婦喧嘩が起こると、いつも口論になって話し合いができない。
そんな方は、文字に起こす方法で気持ちを伝えてはいかがでしょうか。

夫婦喧嘩に疲れたら、考え方をリセットしてみよう

長年連れ添った仲、はたまた新婚であっても、夫婦喧嘩は起きてしまうものです。
もともと他人同士が一緒になっているのですから、考え方にズレが生じるのは自然なこと。
一方で、疲れてしまうほど夫婦喧嘩が頻発する状況も、よくありません。

子供がいればなおさら、家の中の雰囲気を少しでも早く戻したいですね。
もう疲れた……と気持ちが折れる前に、すっぱりと思考を転換してみてください。

スポンサードリンク



-夫婦
-,

© 2021 writer life Powered by AFFINGER5