ネスカフェ ドルチェ グスト“ジェニオ アイ”レビュー!自宅で超簡単に美味しいコーヒーが飲める

ホッと一息つきたいときのお供といえばコーヒーですね。美味しいコーヒーをすぐに、自宅で飲めるコーヒーメーカーがあると便利。我が家で最近購入した「ネスカフェ ドルチェ グスト“ジェニオ アイ”」もおすすめの1つです。

以前から欲しかったコーヒーメーカー、遂に購入しました。
我が家がチョイスしたのは「ネスカフェ ドルチェ グスト“ジェニオ アイ”」。
ドルチェグストシリーズは何種類かマシンがあるのですが、人気No.1とうたわれるジェニオ アイ(GENIO I)を選択しましたよ。

ネスカフェ ドルチェ グスト“ジェニオ アイ”でできること


(画像は写り込みが激しいのでモザイク処理している部分があります、ご了承ください!)

ドルチェグストシリーズには専用のカプセルがあり、それをセットすることで様々な種類のコーヒーを楽しめます。

公式サイトによれば、現在のラインアップは24種類。
ブラックコーヒーだけでも、11種の味があるのです。

ミルクティーや宇治抹茶など、コーヒー以外のテイストも少しながら用意されていますよ。

また、スターバックスブランドのカプセルも売られているので、それを含むとさらに豊富な品揃えということに。

お家で手軽にスタバコーヒーが味わえるのは、かなり嬉しい!

ホットもアイスもいれられるので、年中使うことができます。

これが実際のカプセルです↓↓↓

参考:カプセルラインナップ | ネスカフェ ドルチェ グスト – 【公式サイト】ネスレアミューズ(参照2019.11.4)

ネスカフェ ドルチェ グスト“ジェニオ アイ”のおすすめポイント

実際に使ってみて、ここが良いと感じたポイントを紹介します。

1. 簡単に美味しいコーヒーが味わえる

専用カプセルが用意されているだけあって、初心者でも簡単に美味しいコーヒーがいれられます。
3種類ほど試してみましたが、どれもバランスがよく満足の味わいでした。

表面のまろやかでクリーミーな泡立ちと、その下のコーヒーのマッチングが◎。
カプセルのセット方法も簡単で、種類ごとにおすすめのお湯の量も記載されているので一目瞭然です。
お湯の調整がローラーでできるのも便利。

コーヒーメーカー初心者でも、迷わず簡単に使用できますよ。
色々な種類のカプセルを試したいなら、楽天などのネット通販でセット商品を購入するという手もあります。

2. 起動から出来上がりまでが早い

電源ボタンを押すと、ものの10〜20秒くらいで使用可能になります。
即座にお湯が出てくれるので、忙しい朝でも大活躍するでしょう。

カプセルの中身は液体だから、すぐに溶けて美味しいコーヒーに。
飲みたいと思ったときにすぐ飲める素早さ、一度体験したら手放せません。

3. 他のインスタントコーヒーもOK

カプセルをセットせず、お湯だけを出すこともできるジェニオ アイ。
カップにインスタントコーヒー粉を入れておけば、他のメーカーのものも楽しめることになります。

カプセルは最も多いもので1箱16杯分ですが、少ないものだと8杯分しか入っていません(スタバはもっと少ない)。
それでも価格はどの箱も900〜1,000円ほどするので、コーヒーの中では決して安くない商品です。

いつもは粉のコーヒーにしておき、ちょっと贅沢したいときはドルチェグスト…という使い方も可能となりますね。
ポット代わりに使いたい時にも重宝するでしょう。

<カップラーメンは作れる?>

ラーメン、焼きそばともに試しましたが、一応作れます。
ただしお湯を最大量にしてもカップ一杯にはならないので、数回は注ぐ必要が。
また、コーヒーを飲むのに適した温度のお湯なので、ラーメンを食べる時にはぬるく感じます。

4. 専用アプリでポイントが貯まる

ネスカフェアプリをインストールしておけば、カプセルを購入した箱についてあるQRコードを読み取ることでポイントがGETできます。
ポイントを貯めれば様々な商品と交換ができるので、飲む頻度が多い方は取り入れておくと良いでしょう。

さらにジェニオ アイを含む特定のマシンは、Bluetooth機能を使ってアプリと連携が可能。
スマホ操作でお湯の温度や抽出量が設定できます。

ここがちょっと…ネスカフェ ドルチェ グスト“ジェニオ アイ”の残念点

本気で購入したいと考えているなら、デメリットも知っておくべき。
個人的にここがちょっとなぁ…と感じた点がこちらです。

カプセルの値段が高い

上述した通り、ドルチェグスト用に売られているカプセルは決して安くはありません。

一般的な市販コーヒーと比べると、高く感じてしまいます。

家族が多いほど、毎日飲むようというより、プチ贅沢として捉えた方が良いかもしれません。

我が家でも、お湯はジェニオで用意して、通常日は安いインスタントコーヒーをメインに飲んでいます。

基本的に1カプセル1杯のようで、使用済みカプセルにはお湯だけが残ります。
使用後のカプセルを持つと(お湯で熱くなっているので注意)、かなり中身が入っていて「残ってる?」という感じがします。
これはお湯が溜まっているだけなので、そのまま捨ててしまって問題ありません。

連続でいれられるのは3杯くらいまで

タンク容量は650ml、おすすめ量で一杯分いれると3分の1くらい減ります。
同量を連続でいれると、3杯くらいで一旦注水することになるでしょう。

家族が多い、来客が多いなどの時は、少し手間に感じるかも。
ただ、注水作業自体は非常に簡単ですし、大きすぎて場所をとるという心配はありません。

アプリの使い勝手が微妙

マシン本体のデメリットではありませんが、アプリとの連携を前提に考えているなら把握しておきたい点です。

筆者はAndroid携帯を使っていますが、位置情報をONにしてもマシン検索がうまくいきませんでした。

アプリの評価を見ても、不具合を訴えているユーザーが一定数いる模様。

また、接続が不安定で、ボタンでいれた方が早いという声もあります。

アプリはポイント用のみと割り切って使うなら問題ないでしょう。
ログインせずに始めて後からログインすると、ログインせず貯めたポイントが消えてしまうので注意してください。

ネスカフェ ドルチェ グスト“ジェニオ アイ”の総評:自宅で手軽に本格コーヒーを楽しみたいなら損なし

個人的には買ってよかった!と言える商品です。
とにかく操作が簡単で、あっという間に美味しいコーヒーをいれられます。
カプセルの種類がたくさんあって飽きにくいのもgood。

カプセルはスーパーやドラッグストアなどで購入できますが、場所によっては種類に限りがあります。
確実に全ての種類が欲しいなら、やはりネット通販を利用するのがおすすめですよ。
価格も店売りとそこまで変わらないものが多いようなので、手間を省く意味でも通販利用が良いかもしれません。